MENU

 本当にどこにでもいるような平凡なサラリーマンで、仕事ばかりでプライベートな充実が全くありません。
結婚ができる予定もないし、現在恋人もいない状況が長い間続いてしまっています。
毎日のようにチンコをしごきながら射精する日々が続いていました。
そんな自分の唯一の楽しみが給料日の後のソープランド通いでした。
風俗はそれなりの資金が必要となるために、平凡なサラリーマンの中では気軽に行くことができません。
給料が出た後は泡姫のテクニックで、思う存分快楽を楽しむというのが毎月の楽しみになっていました。
やっぱり裸の女性がそこにいて、性的サービスをたっぷりやってもらうのは最高に気持ちが良いものです。
料金はちょっと高くなるけど長時間コースでまったりとやってしまったりもして、スッキリ気持ち良くなっていました。
しかしプロばかりで、やはり物足りないものが出てきてしまいます。
素人との激しいセックス、これが頭の中から離れなくなってしまっていました。
そんな頃なんだけど、たまたまインターネットサーフィンをしていた時に見つけたのが援助掲示板だったんです。
こういう掲示板を使うことで、見知らぬ女性とセフレ関係になれるじゃないかと思い付きました。
金銭的なやりとりは発生するけれど素人のオマンコにチンコを突っ込むことができると考えると、気分が盛り上がってしかたがありませんでした。
援助掲示板だったら気軽に利用することもできるし、書き込みだって多いから出会いのチャンスがとても高いと思えたのです。
たくさんの書き込みで賑わっている援助掲示板、金銭が絡む割り切りという関係なら会える確率は格段に違ってきますから、これで性処理を楽しんでみようという気持ちになりました。
インターネットだからこそ女性も積極的に行く解消とお小遣い稼ぎを楽しんでいる違いありません。

かなり気持ちが盛り上がっていき、掲示板でセフレを探していく事にしました。
この時点では自分の中には援デリの存在は全く頭にはなく、ただひたすら気楽に素人のオマンコに挿入ができると信じていたのです。

 

 ソープランドで玄人の女性のテクニックというのは、もちろん悪くありませんが男というのは素人の女性の肉体を求める傾向は強いものです。
たまたま見つけた援助掲示板だったら、お小遣いが欲しいエッチな素人たちがいるはずだから、こちらを使うことで男の希望をかなえることができると信じていました。

 

 

名前:保坂 一樹
性別:男性
年齢:28歳
プロフィール:
 性処理のためのソープ通い、給料の後はいつもこれで楽しんでいました。
しかしたまには素人の肉体を使ってセックスを楽しみたい、こんな気持ちが強くなってしまったんです。
インターネットに出会いをみつける事ができる掲示板があり、そこを使って条件付きのセックスをすることになりました。
しかし、オナニー以下の味気ないものでしょんぼりしてしまいました。